ちりめんじゃこの本場・宮崎県の日向灘で漁獲された新鮮で良質のしらすを製造元より直送販売

「ちりめんじゃこ」と「しらす」の違い

「ちりめんじゃこ」と「しらす」の違い

白い小魚「しらす」はイワシの稚魚の総称で、カタクチイワシやウルメイワシの稚魚を主な原料として、塩水で煮沸(釜揚げ)した後、乾燥させた製品が、その姿形から「ちりめん(縮緬)」または「ちりめんじゃこ(縮緬雑魚)」と呼ばれています。

しらす干製品は、煮沸後の乾燥度(水分率)によって呼び名・商品が変わります。煮沸後、そのまま冷まして水分率を90~80%としたものを「釜揚げ(しらす)」、機械や天日により70~65%としたものを「しらす干」や「弱干」、60~50%を「中上干」、40%を「上干」とし、乾燥度の高い中上干や上干製品を「ちりめん」と呼んでいますが、しらす干製品全般を関東では「しらす」、関西では「ちりめん」と呼ぶ場合もあるようです。

乾燥度が低いほど、軟らかく、食べやすいですが、日保ちが短いのが欠点です。一方、乾燥度が高いと固めとなりますが、日保ちは良くなり、うま味も凝縮されます。また、食べる量(グラム数)が同じでも栄養価の摂取量にも違いが出て来ます。

~ 日刊水産経済新聞より

ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内